大人の紅茶の特徴かた

あたし、紅茶が大好きなんですよね。
紅茶を巻き込むことは当然なんですが、淹れるのも大好きです。
ティーポットといった茶葉をつかって、ゆっくりと時間をかけて紅茶を淹れるという、ぜいたくに時間を使って加わる気がして、優雅な気分になってくる。
紅茶というと、丸ごとストレートで飲んだり、牛乳ティー、レモンティーにするのが有名ですよね。
も、どうしても試していただきたい紅茶の飲みほうがあるんです。
シェルパティーといって、紅茶という赤ワインを混ぜて飲む物です。
シェルパティーの処方は簡単です。
続続と同じように、ストレートの紅茶を淹れたら、そこにお好みのかさの赤ワインをすすぐだけだ。
赤ワインのエッセンシャルオイルがふわっとって舞いあがってくる。
大人ならではの紅茶の利益かたですよね。
シャルパティーには、ニルギリやキャンディなどの様式の少ない茶葉によるのが、おすすめです。
スピリッツを加えるから、人体もあたたまるので、寒い業者飲みたい紅茶のひとつです。小林製薬 ヒフミド