フィルム『壊れゆくお母さん』注記:困難でした

フォトには二種類あり、誰もがただ単純に長所/面白味として喜べる作品と、それよりも美術性が厳しく、聞き手を選ぶような作品とに分けると思います。

本作品は一番次に入ります。身はどちらかといえばこちらの類のフォトのほうが好きですが、それでも今まで観た同類のフォトでは必ずや作品から伝わって現れる明確な「発言」や、その作品を見極める結果考えさせられる「概念」が何かしらありました。

しかし、本作品はその発言や概念が賢くつかみ取れなかったばかりか、各キャラの素振りの背景にいらっしゃる内面が賢く汲み取れない現実が多くありました。こんなフォトに出会ったのは恐らくはやっとだ。ピーター・フォーク(警官コロンボで著名)演ずるニックの素振りに、ちょくちょく「ヒーローだけでなく亭主も壊れているのでは」と思わずにいられない現実が少なからずありました。

「壊れゆくマミー」という称号でしたが、ヒーローはフォトの最初から壊れているので、近々壊れて行くメカニズムが本作品を通して描かれて要るわけではありません。従って、ヒーローはなんで壊れてしまったのか、それとも生まれつきの人となりなのか、ぐっすりわかりませんでした。

このように相当掴みどころの弱い作品なので鑑賞後はそこそこ疲弊が残りました。

ただ、警官コロンボでしか観たことがなかったピーター・フォークが、妻をじっと愛するパパとして随時あげるカワイイ笑いと、70年コーディネートの信者としてはヒーローのきるアパレルが気に入りました。私も好きな小物ですダシキワンピースが表れるフォトをようやく見て、うれしくなりました。http://audioparasitics.net/