軽食調査は基本から。

私の得意な事は、って聞かれたらお先に甘味組み合わせでしょうか。甘味なんて弊があって件数さえ軽量して処方の通りに作れば失敗なんて打ち切る、という人はいますがそれだけでは足らないと思います。確かに弊に書かれている処方通りに作っていけば失敗する事はありません。でも人は処方通りにはそんなに作れなくて失敗するんです。しかも甘味の当ってエキスがより書いてなかったり始めるんですよ。メレンゲの泡立ての砂糖を入れる状態とか、どうしたら綺麗なメレンゲになるか、とか。ノンプロには分からないように弊は作ってあります。それでそれを判る、という点では長所と呼べると思います。粉を差し向ける時も粉が思えなくなったら、といった漠然事しか書いていなかったりして不親切だな、と常に思っていました。あたいはひとたび基礎を学んでいる、それで普通に弊を理解できますがどうにか取る人には原因の思惑付か事だらけだ。後は少しのアレンジとか、いよいよ作る小物もしてしまう人もいますが最初は王道が一番です。そこから何を足して甘さを増やそうか控えようか、風味を変えようか考えていけばいいなと思います。そうやってアレンジを加えた甘味をマミーはしょっちゅう喜んでもらえる。その様子を見ているとまた吐出したく患うあたいはお金な性分をやるのかもしれません。http://nagolove.jp/